2020.08.05
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Lineでシェア

感染症対策で休止中の解説システム『AI shAIne』がスマホで復帰!! 四国水族館LINE公式アカウント開設

四国水族館LINE公式アカウントを開設し、お手持ちのスマートフォンを利用した展示解説の充実をはかります。併せて、現在休止中の『AI shAIne』(AIチャットボット)による対話機能も備え、来館者は楽しみながら施設の情報を手に入れることができるようになっています。
 LINE上の手軽な操作で各水槽のテーマ解説や館内マップもご覧いただけますので、ぜひ館内ご観覧のおともにご利用ください。



【四国水族館LINE公式アカウント】
20200805a1.png

友だち追加するには、LINEアプリで右記QRコードを読み取り「追加」ボタンをタップまたはIDにて「@025sdwag」と検索してください。
URL[https://lin.ee/cNqSq9G]でも検索いただけます。
登録料:無料 
*通信費は別途発生します。館内ではFree Wi-Fiをご利用いただけます。



20200805b1.JPG

展示解説



20200805b2.JPG生きもの紹介


20200805b3.JPG AI shAIne

■主な機能


(1)展示解説 
四国水族館の水槽は、四国ならではの水景を再現しています。各水槽が再現するフィールドの環境や人との関わりを解説します。
各景の解説はゾーンごとに分かれた景の名称「一覧から探す」方法と、館内での利用を想定し「マップから探す」の2通りの方法を採用しました。
*生きもの紹介は別途WEB解説ページに遷移します。
*各水槽に設置したQRコードの読み取りからも展示解説(WEBページ)をご覧いただけます。この場合、LINEアプリは不要です。

(2)館内マップ
四国水族館の館内は自由動線のため、決まった順路がありません。館内で現在地を把握しやすいよう、メニュー画面から容易に館内マップにアクセスできるようにしました。

(3)『AI shAIne』(AIチャットボット)
『AI shAIne』(AIチャットボット)とは、国内水族館初の試みとして導入したAI(チャットボット)を使った黒電話型解説システムです。(2020年2月28日記者発表)
しかし、新型コロナ感染症感染防止対策のため、オープン以来一度もご来館のみなさまにご利用いただけないまま、現在も休止状態が続き、学習による成長もストップしています。
そこで急遽、「AI shAIne」は黒電話からLINE公式アカウントに活躍の場を移すことにしました。
案内人は各々得意分野があります。個性豊かな3人に、ぜひ話しかけてみてください。

20200805a2.jpg休止中の「AI shAIne」


■案内人キャラクター


四万十 鮫介(しまんと こうすけ)23歳 男性
20200805a3.png
所属:魚類チーム 飼育員
案内担当:生物の生態
悩み:関東出身のため四国の方言がわからない。



瀬戸内 杏菜(せとうち あんな)23歳 女性
20200805a4.png
所属:営業課 インフォメーションスタッフ
案内担当:館内案内、イベント情報
興味:変わった生きもの、無脊椎動物が好き



仁淀 一(によど はじめ)23歳 男性
20200805a5.png
所属:営業課
案内担当:雑談、占い、四国の観光スポット
性格:コミュニケーション能力が高く、ノリは良いが根はマジメ。土佐弁で答える。




(4)その他
  ・新型コロナウィルス感染防止対策のお願い(四国水族館公式サイトへの遷移)
  ・公式マスコットキャラクター「しゅこくん」LINEスタンプ情報
   

※LINEはLINE株式会社の登録商標です。


ページTOP