Select language
Select language
2022.07.15
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Lineでシェア

さかなクンが大切に育てた イシガキフグ2匹の展示をスタート 直筆の紹介ボードも設置

魚類学者で画家としても活躍するさかなクンから譲り受けた、イシガキフグ2匹の展示を開始しました。

さかなクンの自宅にあるフィッシュハウスで大切に育てられた2匹のイシガキフグは、今年4月に当館にやってきました。暫くバックヤードで過ごし、714日(木)に展示水槽デビューとなりました。

直筆紹介ボード.jpg

2匹の特徴が描かれた紹介ボード

イシガキフグは、本館棟1階 瀬戸内ゾーン人魚の涙の景に展示しており、この水槽では、愛媛県宇和海で養殖されている真珠(アコヤガイ)の垂下式養殖の様子を再現しています。また、水槽前には2匹のイシガキフグの特徴がわかる、さかなクン直筆の紹介ボードを設置しました。

イシガキフグ.jpg

「人魚の涙の景」で泳ぐイシガキフグ

イシガキフグたちが、どのように過ごしているかをじっくりと観察していただき、可愛らしくユーモアあふれる表情で描かれた作品を見ながら、2匹を見分けることにも挑戦してみてください。

【イシガキフグ展示について】

展示開始日:2022714日(木)

展示場所:本館棟1階 瀬戸内ゾーン 人魚の涙の景

【イシガキフグについて】

学名:Chilomycterus reticulatus

フグ目ハリセンボン科に分類され、最大で体長75cmになります。日本では北海道以南の各地に分布し、四国では主に太平沿岸の岩礁域や漁港の岸壁などでみられます。目の下から口の周りを一周するヒゲのような模様が特徴です。固く頑丈なトゲを持ちハリセンボンと比べると短く、トゲの数は150本ほどです。クチバシのような歯を持っており、嚙み千切るようにして甲殻類などを捕食します。

※生きものの状況により、予告なく展示を中止・終了する場合があります。

※当館では、業種別ガイドラインに沿った新型コロナウイルス感染防止対策を実施しています。館内では感染防止対策にご協力ください。また、ご来館についてはお住まい(生活圏)の自治体要請状況を踏まえてご判断下さい。感染拡大状況によっては、一部展示・プログラムを中止することがあります。

ページTOP