2020.03.06
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Lineでシェア

箱根園水族館から四国水族館へコツメカワウソのこどもたちがやってきます

四国水族館(館長:松沢慶将 所在地:香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4)では、2020年3月10日(火)に箱根園水族館(総支配人:鴻野篤 所在地:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139)から2頭のコツメカワウソのこどもたちを迎えます。

四国水族館では絶滅したとされる二ホンカワウソの最後の分布域が四国であったことから、四国水景を表現するのに欠かせない水景のひとつとしてカワウソの展示を計画しました。

現在四国水族館には、以前、箱根園水族館で飼育員として働いていた職員が勤務しており、思い入れのある箱根園水族館と新しく誕生する四国水族館、これから双方の繋がりも深めていきたいとの思いでご協力をお願いしたところ、ご快諾いただき今回の移動が実現いたしました。

今回やってくる2頭は本館棟2階淡水ゾーン「川獺がいた景」で展示します。また、今後箱根園水族館では四国水族館から運ぶ四国近海の魚たちを館内で展示いただける予定です。

【 箱根園水族館 コツメカワウソ「ナズナ」メス1歳 】
20200306コツメカワウソ_ナズナ.jpg

【 箱根園水族館 コツメカワウソ「ツバキ」メス1歳 】
20200306コツメカワウソ_ツバキ.jpg

【コツメカワウソの詳細】
 ●イタチ科
 ●東南アジアに生息
 ●体長 40~60cm、体重 1.6kg
 他のカワウソに比べ爪が小さく指先からはみ出ないことから"コツメ"カワウソと呼ばれている。

ページTOP