四国水族館日記 飼育員と生きものたちの成長を記録。ここは生きもののための水族館
2020.01.24
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Lineでシェア

【動画】水族館の魚たちってどこからやってくるの?~スマ篇~

今回は、太平洋から四国水族館にやってきた回遊魚"スマ"たちの様子を紹介します。
スマはインド洋と太平洋の熱帯海域に分布します。日本では相模湾から屋久島までの太平洋沿岸を中心に回遊しています。

スマは、横向きの縞模様が見られる鰹という意味で「シマガツオ」と呼ばれていました。これが時の経過とともに定着しながら訛っていき、「スマガツオ」へと変わっていき、やがて「スマ」と呼ばれるようになりました。

また、お腹のあたりにいくつか黒い斑点があることから、別名「星鰹」とも呼ばれます。

スマは、1Fの大水槽「綿津見の景」で展示しています。
優れた遊泳能力を持つスマは、小さな群れか単独で行動します。
高速で回遊するスマの姿を四国水族館で見てみて!

協力:愛媛県立農林水産センター

ページTOP