四国水族館日記 飼育員と生きものたちの成長を記録。ここは生きもののための水族館
2020.01.22
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Lineでシェア

【動画】水族館の魚たちってどこからやってくるの?~アカシュモクザメ篇~

今回は、高知からの長旅を経て、四国水族館に到着した"アカシュモクザメ"たちの様子を紹介します。
アカシュモクザメは、世界中の熱帯、温帯海域に分布します。日本近海にはアカシュモクザメが最も多く、関東以南に生息しています。

アカシュモクザメといえば、なんといっても頭の形が特徴的。
頭の形が、お寺の鐘などを打ち鳴らすときに使う道具の撞木(しゅもく)に似ていることから、この名前がつきました。

アカシュモクザメは、1Fの「神無月の景」で展示しています。
ゆらゆら泳ぐアカシュモクザメを海の底から見ているような「神無月の景」。
ぜひ四国水族館へ見に来て!

ページTOP